四国経済産業局

文字サイズ変更
  • 四国経済産業局ホーム
  • アクションプラン

アクションプラン

平成30年度四国経済産業局アクションプラン
~生産性・創造性の向上につながる未来投資を促進し、四国経済の好循環を実現~

四国は、少子高齢化による労働力人口・消費者人口の急激な減少などの社会課題が全国に先行しています。

これらの課題への対応はイノベーションのチャンスでもあることから、生産性や創造性の向上の機会とすべきです。景気回復が地方にも広がりつつある今が、生産性を高めて課題に対応するための投資の好機です。

四国経済産業局は、四国内外の関係機関等との連携のもと、以下の4本柱を強力に推進することで、構造的課題に対応し、未来の投資を呼び込む四国経済の好循環の実現を目指します。

PDF版のアクションプランは、以下からダウンロードしてください。
平成30年度四国経済産業局アクションプラン (PDF形式:3.63MB) 新しいウィンドウで開く

全体像

平成30年度四国経済産業局アクションプランの全体像

1.地域経済を牽引する事業の創出
地域の未来につながる投資を促進し、地域における「稼ぐ力」の好循環システムを構築する

地域未来投資促進

「地域未来投資促進法」の活用等による地域経済の好循環の実現

経済的波及効果が高く地域経済を牽引する事業を、設備投資減税、地方創生推進交付の活用等により支援します。

地域未来投資促進法の基本枠組みの概要図
地域経済を牽引することが期待される企業を各県担当の地域未来コンシェルジュが支援
四国地域の基本計画のイメージ図
平成30年4月に福島県で開催した地域未来牽引企業サミットの写真
地域未来牽引企業サミットで挨拶する世耕大臣の写真
情報交換及び交流の場として地域未来牽引企業サミットを開催(平成30年4月 福島県)

IoT活用

IoT導入による事業創出

IoTのイメージ図

ITベンダーと連携し、IoTを活用した新サービスなど付加価値の高いビジネスモデルの創出に取り組む企業を発掘・支援します。

新産業創出

高機能素材活用産業創出事業

四国は、炭素繊維(CFRP)、セルロースナノファイバー(CNF)等の製造拠点や紙産業が集積しているとともに、高機能素材活用に係る民間企業、大学、四国4県、金融機関等の広域ネットワークが組成されています。

このような強みを活かし、素材の機能を活用した高付加価値製品の開発を行う中堅・中核企業への支援を通じて、関連産業の創出を目指します。


航空機以外の用途が広がりつつある炭素繊維

CNFを活用した製品(トイレおそうじシート)

2.生産性革命の実現に向けて
中小企業・小規模事業者の設備投資支援や円滑な世代交代等を通じて生産性向上を図る

税制・金融支援

生産性向上特別措置法による固定資産税特例

生産性向上のための新たな設備導入を行う中小企業等に対して、償却資産にかかる固定資産税の課税標準を3年間ゼロ~1/2(市町村の条例で定める割合)に軽減できる同法の特例措置が多くの事業者に活用されるよう市町村との連携を図ります。

あわせて、ものづくり・商業・サービス補助金等の重点支援による中小企業等の生産性向上を、国・市町村が一体となって強力に後押しします。

中小企業等経営強化法による税制・金融等の支援


経営力向上計画で導入した
「エアジェット織機」

中小企業・小規模事業者等における経営能力を強化するための人材育成、コスト管理等マネジメントの向上や設備投資など、事業活動において経営資源を効果的に利用する取り組みを促進するための中小企業等経営強化法による税制措置(中小企業経営強化税制及び固定資産税特例(3年間1/2に軽減))や金融支援などを通じて中小企業等の稼ぐ力を強化します。

事業承継支援

事業承継の集中支援

「事業引継ぎハンドブック」の表紙

後継者問題やM&A等、中小企業者等の事業承継を力強く後押しするため、今後10年間程度を事業承継の集中実施期間と位置づけ、管内の事業引継ぎ支援センターや事業承継ネットワークなどの関係組織・専門家等と連携し、早期・計画的な事業承継診断の実施や事業承継税制の活用を通じ、承継後の新たなチャレンジまで各段階で切れ目なく支援します。

IT・IoT等導入支援

IT導入加速化のための支援体制構築

3年間で全中小企業・小規模事業者の約3割に当たる100万社規模のITツールの導入促進を目指すとした政府目標実現のため、地域の金融機関、ITコーディネータ、産業支援機関等に実効性のある支援体制の構築を働きかけるとともに、サービス等生産性向上IT導入支援事業の積極的な活用促進により、中小企業等のITツールの導入を支援します。


うどん県IT活用推進コンソーシアム(平成30年4月5日設立)

地域ものづくり企業へのIoT等導入支援

地域ものづくり企業へのIoT、ロボット、AI等のスマート技術の導入に係る支援人材を育成し、現場派遣を行うスマートものづくり応援隊事業の実施を補助し、支援ノウハウの蓄積を図ります。

IoT等導入支援の体制図

省エネルギー対策等の推進

「トップランナー制度」資料の表紙「省エネ性能カタログ」の表紙

地球温暖化対策等の観点から四国地域における省エネルギー対策を推進することで、エネルギー需給の安定化と企業のコスト低減による競争力強化を図ります。

3.持続可能な地域づくり
地方創生に取り組み、人口減少や地域経済の縮小を克服し、将来にわたって地域の成長力を確保する

地域づくりの取り組み支援

地域の持続的発展を実現するビジネスモデルの創出

いい会社づくり運動ロゴマーク

観光をツールとした、持続的に地域内外と循環する地域経済のビジネスモデルを構築します。

経営と雇用に好循環をもたらすいい会社づくりや健康経営を普及させます。

地方創生支援と連携した地域ビジネスを担うひとのネットワークづくりを行います。

地方創生支援チームによる自治体支援

地方創生支援チーム員を通じて地方自治体との良好な関係を構築し、地方創生の取り組みをサポートします。

地域経済分析システム(RESAS)を活用した自治体の政策立案等を支援するため、内閣府と連携した政策立案ワークショップ等を実施します。


地域経済分析システム(RESAS)

地方自治体のRESASワークショップ

健幸支援産業の創出

少子高齢化、過疎化等の社会課題先進地“四国”から、健やかで幸せな暮らしを実現する多種多様な取り組みが自律的・自発的に生まれる環境整備を通じて、健幸支援産業の創出を目指します。

健幸支援産業創出フォーラムの様子

地域企業の支援

起業・創業の促進

創業支援セミナーの様子

産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画について、制度の周知、自治体の計画策定に向けたサポートを行うことで、起業・創業の促進を図ります。

事業承継の集中支援(再掲)

「事業引継ぎハンドブック」の表紙

後継者問題を抱える中小企業者等の事業承継を力強く後押しするため、管内の事業引継ぎ支援センターや事業承継ネットワークなどの関係組織・専門家等と連携し、早期・計画的な事業承継診断の実施や事業承継税制の活用を通じ、承継後の新たなチャレンジまで各段階で切れ目なく支援します。

多様な人材の活躍の推進

新・ダイバーシティ経営企業100選ロゴマーク

新・ダイバーシティ経営企業100選表彰の普及促進のほか、関係機関連携のもと、外国人材の活用、働き方改革、人手不足対応を推進します。

エネルギー対策

新エネルギー等の導入促進


太陽光発電

再生可能エネルギー等の導入促進のための固定価格買取制度(FIT)の適正な運用を通じ、制度の信頼性を確保するとともに、更なる新エネルギー等の導入促進を図ります。

低炭素社会構築に向けた取り組み


燃料電池バス
(トヨタ自動車(株)
ウェブサイトから引用)

水素社会・スマートコミュニティ・循環型社会実現に向けた総合戦略等を有している自治体等への適切な指導・助言を行います。

地方自治体等と協力して地域での分散型電源の普及拡大・水素社会実現に向けた取り組みを行います。

災害対応

災害時における石油製品の安定供給体制の強化


移動用電源車への給油訓練

南海トラフ巨大地震発生時の緊急車両や避難所等への燃料供給に対応するため、サービスステーションの災害対応能力を強化するとともに、災害時燃料供給訓練等を通じて自衛隊や自治体等関係機関との連携強化を図ります。

4.新たな市場の開拓
海外展開支援等を通じて国内外の新たな市場を開拓し、グローバルな成長を四国に取り込む

海外展開支援

「新輸出大国」へ向けた海外展開支援

中堅・中小企業の海外展開を支援する四国地域海外展開応援フォーラムの開催や、支援機関で構成する新輸出大国コンソーシアム四国地域ブロック会議参加機関相互の協力・連携を深め、海外展開の成功事例の創出とその成果の横展開を図ります。

海外に展開した工場の写真

四国地域海外展開応援フォーラム

技術マッチング支援

外部専門機関と協力したブラッシュアップ・マッチング支援

都市圏の企業支援専門機関の協力を得つつ、四国の中堅・中核企業のブラッシュアップ、四国外企業とのマッチング支援を通じて、製造業の技術競争力強化、新たな市場の開拓を図ります。

技術マッチングの支援体制図

ビジネスチャンス発掘フェア2017
(於:大阪市)

地域資源活用

地域資源の活用・農商工連携の支援と地域商社の育成強化

地域資源の活用や農商工連携等による新たな商品開発、国内外の市場獲得に向けた取り組みを支援します。

市町村において、地域ブランドの育成・強化に向けた継続的な取り組みを推進するために行うふるさと名物応援宣言を勧めるとともに、小規模事業者等の販路開拓を担う地域商社の育成強化とネットワークの構築を行います。


ふるさと名物応援宣言

インバウンド需要に対応した着地型観光機能の強化と古民家再生等による観光まちづくり


古民家活用(イメージ)

インバウンド客が四国の自然や文化を体験できるよう着地型観光機能を持つ中核企業を支援するとともに、地域の食文化や地域で暮らすことを実感できる古民家再生等による観光まちづくりを推進します。

知財戦略支援

知的財産の戦略的な活用支援


巡回特許庁「ブランドセミナー」
(於:高松市)

日々の経営の中で生み出される知的財産の適切な管理(秘匿、権利化、標準化)と、経営ツールとしての活用を促進します。

経済産業省(法人番号 4000012090001)
四国経済産業局 〒760-8512 香川県高松市サンポート3-33 代表電話 087-811-8900
Copyright Shikoku Bureau of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.