四国びと


「この場所を盛り上げたい。」という思い(ココロザシ)

大籔崇さん エイトワン http://www.eightone.jp

 四国有数の観光資源である松山城。そのお膝元のロープウェイ街で、今年4月に今治タオルの専門ショップを核とする複合店舗「ルブリュ松山」がオープンしました。ショップ運営だけでなく、道後温泉の旅館やホテルを運営し、地元食材をふんだんに使ったお弁当の販売やフリーペーパーの制作まで手がけている株式会社エイトワンの代表取締役、大籔崇さんにビジネスにかける思いをうかがってきました。
-新しくお店をオーブンされたそうですね。 大籔さん -4月に、ロープウェイ街にあったアンテナショップ「ehimesm(えひめイズム)」を継承し、「ルブリュ松山」という名前でリニューアルオープンしました。「ルブリュ松山」は、今治タオルの専門ショップ「伊織(いおり)」、愛媛県産品ショップ「ehimesm」、自社農園などで採れた新鮮な野菜を使用した、体に優しいお弁当を販売する「Vimi(びみ)」の3店舗で構成しています。"ルブリュ"というのはロシア語で"すき"とか"いいなぁ"という意味です。松山は、昔からロシアとの関係が深くて、日露戦争のときに捕虜のロシア兵に対して、松山市民と同じように分け隔てなく接したと聞いていますし、最近はロシア人墓地の改修をしたりして、今でも友好関係を築いています。「ルブリュ松山」には、こうした"おもてなし"や"温かい気持ち"を大切にして、国内だけでなく海外の観光客にも足を運んでもらいたいと思っています。   -ここに来れば、今治のタオルメーカーさんの商品は、ほぼ見つかるというぐらいの品揃えですね。 大籔さん -もともと、道後商店街で、今治タオルの専門ショップ「伊織」を運営していました。それがすごく評判が良くて、売上も伸びていました。愛媛をアピールするものは何かということを振り返って考えたら、今治のタオルが、一番、可能性があると思います。この場所は、愛媛にとっても、松山にとっても最高に輝かないといけない場所、愛媛に来た人が、愛媛へのイメージを良くする大切な場所ですので、出店候補地として一年程前から狙っていました。当時、運営主体であった愛媛銀行さんも、これまでのような特産品だけのショップ運営だけではすごく難しい、何か核(コア)になるものがあって、全体を支えていく必要があると考えていて、今治タオルを核としていくということで双方の思いが一致しました。


-パッケージなど工夫して、タオルの暖かい肌触り感を上手に引き出しているように思います。事業のコアを今治タオルにしようと考えた発想の原点は。 大籔さん -道後で「夢蔵(ゆめくら)」という旅館をやっていましたが、お客さんから道後商店街で今治タオルを買えるお店がないかということを何回も聞かれました。特に女性客が多かったですね。それで、産地のタオル美術館やテクスポート今治を見に行ってみたら、相当な盛り上がりなんです。タオルって、今こんなに人気が出てきているのか、女性って結構好きなんだ、これはすごいなぁと。女性が好きなものがあって、それを目当てに来るような観光地は絶対にぎわうはずだと思い、道後商店街に「伊織」をオープンしました。道後や松山城といった観光地をつないで松山や愛媛を盛り上げる核(コア)、今治タオルには、そんな可能性があると思っています。

-「伊織」のスタートは順調でしたか。 大籔さん -お店を構えようとした当時は、相談した人の9割から、タオルなんかそんなに売れるわけがない、絶対うまくいかないよと言われました。なかでも、年配の方が多かったです。そういう方がタオルに持っているイメージは、汎用品、安くて・・・、そういうイメージが強いんじゃないかと思います。ただ、今治では佐藤可士和さん(※) などがブランディングの立て直しを進めていたので、おしゃれで上質なイメージに変わりつつあるんじゃないかなぁと感じて、じゃあ挑戦しようと。平成21年12月にオープンしたんですが、最初の月から黒字でした。予想以上でした。

(※) 佐藤可士和さん・・・クリエイティブディレクター。今治タオルプロジェクトで、ブランドマーク&ロゴデザインやオリジナルタオルのデザインをはじめ、今治タオルのブランディングプロジェクト・クリエイティブディレクターとして参加。

-タオルショップや旅館など、多角的に事業を展開していますが、事業を始めたキッカケや事業全体に通じるようなキーワードはありますか。 大籔さん -大学卒業後、株式投資で得た個人資産を不動産で運用する会社「エイトワン」を作りましたが、設立時は賃貸収入を得るだけの何の志もない会社でした。ただ当時から、愛媛のためになることは何でもやりたいという思いは結構ありました。そうこうしているうちに知り合いを通じて、道後温泉の「夢蔵」の運営をやって欲しいというお話がありました。この時既に、道後のホテル「八八(やや)」の計画が進んでいましたが、宿泊施設の経営ノウハウがまったくない中で、小さな旅館「夢蔵」での経験が、大きなホテル「八八」の方でも活かせると思い、「夢蔵」の運営を引き受けることにしたんです。



 ただ当時の「夢蔵」は、宿泊客に愛媛の色を感じてもらえるものと言えば、道後のお湯ぐらいしかありませんでした。そこで、砥部焼や菊間瓦の窯元さんとコラボレーションして、各部屋の浴槽のタイルや洗面鉢、コップとか室の掛物とかをそれぞれの窯元さんの作風でコーディネートしていきました。

 "温泉"と"タオル"。これはすごく相性がいいと思います。「夢蔵」では、3種類の今治タオルから、宿泊客の好みにあったタオルを選べるようにしたり、パジャマやバスロープもすべて今治タオルにしています。料理も愛媛産の新鮮なものを化学調味料や添加物を使わずに提供しています。「夢蔵」、「伊織」、「八八」、「Vimi」の経営の根本には、愛媛にも利益が出る、愛媛にとっていいこと、愛媛が盛り上がること、そういう強い思いがあるので、それぞれの事業が自然とつながっていっているように思います。 -「エイトワン」、「ルブリュ」など、お店や旅館の名前にこだわりを感じますが・・・。 大籔さん -自分の誕生日から"8"と"1"をとって社名は「エイトワン」。"8"が自分のラッキーナンバーだと思っています。末広がりということもあります。会社の決算は7月末締めで8月1日にスタート。道後のホテル「八八」も"8"と"8"です。四国八十八か所のおもてなしの心を大切にしたいというのもあります。施設のオープン日は"8"が付く日、それが無理なら"1"が付く日みたいな感じです。結構、"8"にはこだわりをもっています。お弁当の「Vimi」は、美味というのと、ビタミンとミネラルが豊富でおいしい食事を作りたいよねということでつけています。

-"愛媛を盛り上げたい"という思いは、どういった経験からでしょうか。 大籔さん -出身は広島県ですが、子供のころに家族旅行で二回ほど愛媛に来たことがあって、その時のいいイメージが残っていました。ですので、高一の時から大学は愛媛大学の一本に絞って、そのための勉強しかしませんでした。念願かなって愛媛大学に進学したんですが、在学中は一切勉強せず、朝から晩までパチンコをやっていて、市内のパチンコ店の情報はほとんど頭に入っていました。ただ、僕の場合、身を粉にしてやっと一人で生活できるぐらいの年収でした。学生の収入としては効率がいいけど、一生は続かない。
 それに、僕らの世代は、青春まっただ中にバブルが崩壊した世代で、常に不景気とかリストラとかいう言葉が刷り込まれていた世代です。卒業間近になって1か月半ぐらい入院した時には、ただでさえ不景気なのに、何もないまま社会に出てしまって生き抜いていけるだろうかと、すごく不安で真剣に悩みました。悩んだ挙げ句、就職というよりも、どんな状況になっても生き抜いていくことができる自分というものを作っておかなければいけないなぁと強く思うようになり、卒業後は、税理士やフィナンシャルプランナーなど、いろいろ挑戦していきました。
 会社を興せば、利益を出すために経営するというのが普通だと思いますが、それよりも、これまで育ててもらった愛媛を盛り上げよう、何かを返していこうという思いを持って、いつも事業に挑戦していく、当初のこころざしを忘れないようにしています。多分、世の中には、挑戦したくてもできない人や、こういうのをだれかにやって欲しいといったことを思っている人が結構いると思っています。そういう思いをくみ取って挑戦しているので、まわりの方が一緒になって応援してくれているのかなぁと思っています。

掲載日:2012年8月8日 取材者:T・K
関連サイト