四国経済産業局

<< 前のページに戻る

平成29年3月31日

ワークショップを開催しました

「紙×ヘルスケア ~紙をすかせて見えてくる新たなアイデア~」

健康・医療分野は産業競争力強化につながる新たな成長分野であり、当局では四国4県、産業支援機関と連携し、医療現場の課題・ニーズに対応したものづくりを支援する「健幸支援産業創出プロジェクト」を進めています。

この度、本プロジェクトの取組の一環として、現場の課題を解決する紙(不織布)を用いたヘルスケア関連商品のアイデアを考える手法を学ぶワークショップを開催しました。

<開催概要>

日時:
平成29年3月8日(水曜日)
13時00分~17時00分
会場:
高知県産学官民連携センター
(ココプラ)1階 交流スペース
(高知県高知市永国寺町6-28)
参加者:
18名(ものづくり企業、医療・介護機関、産業支援機関等)
主催:
高知県、四国経済産業局、健幸支援産業創出ネットワーク会議
講師:
山本 伸(やまもと しん)氏
Toynon LLC 代表
一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 理事
多摩大学医療・介護ソリューション研究所

<ワークショップ内容>

ワークショップでは、ものづくり企業と医療・介護現場のスタッフなどが一同に会し、少人数のグループディスカッションを通じて、チームづくりやアイデアを爆発させる手法、マーケティングの考え方、プレゼンテーションの方法などを学びました。

  • 使命を定めチームをつくる~なぜヘルスケアに向かうのか?
  • テクノロジーを知る・不満をあぶり出す~十分な観察と学び
  • アイデアを爆発させる~絶対に失敗しないブレインストーミング
  • ミニ事業案をプレゼンテーションする~社長がYesという理由
▲講師 山本 伸 氏
▲ワークショップ会場の様子
▲ワークショップ会場の様子
▲ワークショップ参加者の集合写真
(本発表資料のお問い合わせ先)
〒760-8512
高松市サンポート3番33号 高松サンポート合同庁舎
四国経済産業局
地域経済部 次世代産業課 ヘルスケア産業室長 保積
担当者:濱田、大谷
電話:087-811-8515(直通)
FAX:087-811-8554

<< 前のページに戻る