省エネ優良事例集2017 l 株式会社フタガミ

株式会社フタガミ 株式会社フタガミ

ZEB(Zero Energy Building)の活用による省エネルギー化の推進
省エネ手法キーワード:ZEBの導入、みえる化、省エネ診断、照明のLED化、省エネ型ヒートポンプエアコン
  • 業種
    サービス業
  • 従業員
    300~500人
  • 建物区分
    店舗
  • 階数
    地上1階
  • 延床面積
    2,481 ㎡
  • 空調方式
    省エネ型室外機
    (カセット型・天吊型)

企業概要

 株式会社フタガミは、昭和42年11月に設立、ホームセンター・イエローハット・ペットショップ・ダイソーショップ・住宅部・木工部等の事業を多角的に展開し、高知県で活動させていただいております。「高知県になくてはならない企業を目指す」という企業理念を基に、学校のトイレ清掃活動、公園や道路の清掃など、地域に根ざした活動を行っています。

アピールポイント

 株式会社フタガミでは、不要な電気使用量の削減対策のため、人的な方法での削減取組、補助金の活用、高効率エアコン・LED照明の導入などを、約30店舗・事業所に対して順次行ってきました。
株式会社フタガミ
社会貢献(トイレ掃除・街頭清掃・植樹祭)

省エネ推進の「きっかけ」について

 株式会社フタガミでは、事務所ごとに設備投資を順次行っており、特にエネルギー消費のほとんどを占めている空調・照明設備を最新の省エネ設備機器へ更新しました。ZEB(Zero Energy Building)を導入することにより、エネルギー消費の状態をモニター画面で確認することができる「みえる化」を図り、PDCAを通じた省エネ管理・省エネ意識の向上に努めたいと考えました。

主な省エネルギー活動内容について

 省エネの取り組みとして、ホームセンターブリコ介良店で、補助金を活用した設備更新を行いました。①既設の空調設備から、省エネ型空冷ヒートポンプエアコンへ更新し、②照明251台のLED化を行いました。また、③太陽光発電も利用することで更なる省エネ化を図りました。設備更新の実施後はPDCAサイクルを展開し、④ZEBを活用することにより、施設区画ごとに記録された消費電力量及び施設全体の電力量・給水量、運転時間の計測値を計画値と比較し、効果の確認を行っています。省エネ効果が認められない場合は、運転管理者、省エネコンサル、メーカー、施工会社等を含めて、収集したデータに基づいて原因を調査・分析し、設定値や制御パラメータ等の調整をしています。調整後は運転データを確認し、必要により改善計画の見直し、継続的な調整・改善を行うことで、より効果の高い省エネ活動を展開しています。

省エネ型空冷ヒートポンプエアコン  照明のLED化

太陽光発電  みえる化

省エネ効果について

 改修前と改修後を比較すると、空調の電力使用量を約17万kWh/年(約72%)削減し、照明の電力使用量では約1万kWh/年(約11%)削減しました。また、太陽光発電によって1年間で約1万kWh/年を追加で削減しました。これは施設全体の光熱費では、設備更新の前後で約250万円の削減となります。
デマンド監視装置
グラフ

今回活用した補助金情報

平成26年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業
     (補正予算に係るもの)(ZEB)」

  • 補助対象事業者
    建築主等(所有者)、ESCO(シェアードセービングス)事業者、リース事業者等
  • 補助対象事業
    ZEB実現に資するシステム・機器を対象建築物に導入する場合、その経費の一部を補助する。
    ただし、以下の交付要件を満たすものであること。
    <交付要件>
     1.日本国内で事業を営んでいる個人もしくは法人、または地方公共団体等で、当該システム・機器を国内の
      民生用建築物に導入すること。
     2.建物全体の標準年間一次エネルギー消費量(その他負荷を除く)を50%以上削減できること。ただし
      「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」に準じた性能を
      満たすものであること。
     3.「建物(外皮)性能の向上」として、PAL*を基準値より10%以上低減すること。
     4.計測・計量装置、制御装置、監視装置、データ保存・分析・診断装置を含むBEMS装置を導入すること。
     5.熱源(冷凍機、ヒートポンプ、冷却塔等)、ポンプ、照明・コンセント等の計量区分ごとにエネルギーの
      計測・計量を行い、データを収集・分析・評価し、継続して省エネルギーに関する報告及び改善が可能な
      エネルギー管理体制を整備すること。
     6.補助事業の遂行能力(社会的信用、資力、執行体制等が整い、事業の継続性が担保されていること)を
      有すること。
  • 補助対象設備
    ZEB実現に寄与する 空調、換気、照明、給湯、BEMS装置等で構成するシステム・機器
  • 補助対象費用
    総事業費:約2,450万円 補助金 :約1,500万円(投資回収年数:15年)
  • 補助率・上限
    補助対象経費の2/3以内または1/2以内とする。 ・ 上限 10億円/年

今後の課題と展望について

 株式会社フタガミでは、これまで不要な電気の削減に、まずは自分たちで出来る方法で取り組んできました。補助金を活用し、高効率のエアコン・LED照明の導入などを、継続的に約30店舗で行いました。今回の設備更新においても、他店舗での補助金申請の経験があったため、支障となることはありませんでした。今後もZEBのPDCAサイクルを一つ一つ積み重ね、経験を蓄積していきます。他の事業所への波及効果を図りながら、より一層の省エネを行っていきます。店舗の状況により、蛍光灯からLED照明に変更してきましたが、今後は更なる高効率の照明器具の導入を検討していきたいと考えています。

会社概要

  • 会社名
    株式会社社フタガミ
  • 住所
    高知県南国市篠原108番地1
  • 電話番号
    088-864-4500
  • ホームページ

ポイント