四国経済産業局

<< 前のページに戻る

平成30年7月11日

平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨による災害に係るガスの災害特別措置の認可について

四国経済産業局は、本日、災害救助法が適用された市町村において被災したガスの需要家に対する特別措置の認可を行いました。

平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨による被害により、四国地域において多数の被害が生じたため、災害救助法の適用が決定されました。

これを受け四国経済産業局に対し、四国ガス株式会社から、愛媛県今治市及び宇和島市において被災した需要家に対する災害特別措置として、託送供給約款以外の供給条件について特別措置(臨時ガス工事の工事費負担)を実施するために必要となる認可申請を受け、電力・ガス取引監視等委員会の意見も踏まえ、本日、下記のとおり特別措置の認可を行いました。

なお、今後、被害が深刻化・長期化した場合などには、事業者から適宜申請を受けて、速やかに特別措置の認可を行う予定です。

託送供給約款についての特別措置の概要

四国ガス株式会社における特例措置の内容は、概ね以下のとおり。

災害救助法が適用された愛媛県今治市及び宇和島市において、被災した需要家から以下のいずれかの項目について申出があった場合、四国ガス株式会社は当該措置を適用する。

1.被災により、都市ガスの使用ができなくなった需要家が、同一場所で応急的に都市ガスを使用するための臨時ガス工事について、平成30年8月31日までに申し込みがあった場合、そのガス工事費は全額四国ガス株式会社負担とする。

(本発表資料のお問い合わせ先)
〒760-8512
高松市サンポート3番33号 高松サンポート合同庁舎
四国経済産業局 資源エネルギー環境部 電力・ガス事業室長 安藤
担当者:直井
電話:087-811-8533(直通)
FAX:087-811-8559

<< 前のページに戻る