四国経済産業局


  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 「事業継続力強化計画」を四国で初めて認定しました

「事業継続力強化計画」を四国で初めて認定しました

令和元年9月4日

四国経済産業局では、本年5月29日に改正、7月16日に施行された「中小企業等経営強化法」に基づき、中小企業・小規模事業者が策定する「事業継続力強化計画」について、当局管内で初の認定をしました。

事業継続力強化計画の概要

近年、台風や大規模地震といった自然災害が発生し、多くの中小企業が被災しています。自然災害による中小企業被害の低減、さらには災害による地域経済への影響を抑えるためには、発災後に講ずる支援策だけではなく、企業自身による事前の対策が重要です。

「事業継続力強化計画」とは、中小企業等が自然災害等による事業活動への影響を軽減することを目指し、事業活動の継続に向けた取組を計画するものです。経済産業大臣から計画の認定を受けた中小企業は、防災・減災設備に対する税制優遇、低利融資、補助金(ものづくり補助金等)の審査上の加点等の支援を受けることができます。

認定事業者

テクノヒロセ株式会社(高知県)(法人番号1490001005394)

※今後の認定情報については月1回程度当局ウェブサイトに掲載を予定しております。

担当課

産業部 中小企業課