四国経済産業局


  1. ホーム
  2. お知らせ 公募結果
  3. 「地方版IoT推進ラボ」第五弾の選定結果について

「地方版IoT推進ラボ」第五弾の選定結果について

四国から1地域が選定されました

令和元年9月6日

経済産業省及び独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、地域におけるIoTプロジェクト創出のための取組を「地方版IoT推進ラボ」として選定しています。

今回、第五弾として新たに8地域(うち四国から1地域(愛媛県))を選定いたしました。

概要

IoT、ビッグデータ、人工知能等によって、世界的に産業や社会の在り方が大きく変革されつつある状況を踏まえ、我が国においても、新たなIoTビジネスモデルの創出やIoTプラットフォーマーの発掘・育成を図り、新たな成長の原動力にしていくことが必要です。

こうした中、経済産業省・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、地域におけるIoTプロジェクト創出のための取組を「地方版IoT推進ラボ」として選定し、ロゴマークの使用権付与、メルマガやラボイベント等によるIoT推進ラボ会員等への広報、地域のプロジェクト・企業等の実現・発展に資するメンターの派遣等の支援を行っています。

平成28年から募集を開始し、これまでに合計93地域が「地方版IoT推進ラボ」として選定されています。(平成28年7月に第一弾として29地域、平成29年3月に第二弾として24地域、平成29年8月に第三弾として21地域を選定、平成30年9月に第四弾として19地域を選定。)

「地方版IoT推進ラボ」の第五弾選定

令和元年8月6日(火曜日)までに申請があった地域について、申請内容に関するヒアリングを実施し、①地域性、②自治体の積極性と継続性、③多様性と一体感の3つの基準を満たす、以下8地域を「地方版IoT推進ラボ」の第五弾として選定しました。

選定地域
北海道森町、新潟県燕市、長野県、三重県木曽岬町、愛媛県、山口県宇部市、福岡県直方市、沖縄県恩納村

地方版IoT推進ラボの取組みの詳細・選定証授与式について

次のリンク先をご覧下さい。

また、本年10月15日(火曜日)から10月18日(金曜日)まで幕張メッセで開催するCEATEC 2019において、10月16日(水曜日)に第五弾選定地域の選定証授与式を開催します。

CEATEC 2019については、次のリンク先をご覧下さい。

ご参考

次のリンク先をご覧下さい。

担当課

地域経済部 地域経済課 情報政策室