四国経済産業局


  1. ホーム
  2. お知らせ イベント情報
  3. 産業サイバーセキュリティ研修(製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム)のご案内

産業サイバーセキュリティ研修(製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム)のご案内

令和元年11月7日

独立行政法人情報処理推進機構ウェブサイトにおいて産業サイバーセキュリティ研修(製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム)開催の案内をしていますので紹介します。

概要

令和2年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、企業・組織へのサイバー攻撃にとどまらず、プラントやインフラなどの制御システムの停止を狙った攻撃リスクの増大が指摘されています。こうした脅威に対処するため、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は平成29年4月に産業サイバーセキュリティセンターを設立し、制御システム(OT:Operational Technology)と情報システム(IT:Information Technology)双方のスキルを備えて組織におけるセキュリティの中心的な役割を担う人材を育成してきました。

今回は、制御系システムの企画・導入・運用・保守を行う部署、製造・生産に使用する設備を担う部署および現場のQC、カイゼン、危険予知(KY)活動に取り組む部署などの管理監督者の能力育成が重要であることから、7種の研修コース「製造・生産分野の管理監督者層向けプログラム」を実施します。

本プログラムは、サイバー攻撃への準備、復旧計画といったセキュリティ戦略の立案から、インシデント対応、保守・運用まで、現場が主体的に取り組めるよう、構成されています。

受講者は1つあるいは複数のコースを選択して受講可能ですので、是非ご参加ください。

コース・実施日

  1. 製造・生産現場のセキュリティに必要なIT・OT基礎コース
    令和元年11月11日(月曜日)から11月14日(木曜日)まで(4日間)
  2. 製造プラント・工場等が稼働している中でのリスク分析手法コース
    令和元年11月25日(月曜日)から11月29日(金曜日)まで(5日間)
  3. 製造・生産現場へのセキュリティ製品導入及びベンダー選定方法コース
    令和元年12月3日(火曜日)から12月6日(金曜日)まで(4日間)
  4. 製造・生産現場向けセキュリティ教育の実施方法コース
    令和元年12月16日(月曜日)から12月19日(木曜日)まで(4日間)
  5. 製造・生産現場でのセキュリティ・インシデント対応実践方法コース
    令和2年1月20日(月曜日)から1月24日(金曜日)まで(5日間)
  6. 製造・生産現場におけるセキュリティ業務の運用・保守手法コース
    令和2年2月17日(月曜日)から2月20日(木曜日)まで(4日間)
  7. 実践 製造・生産現場のためのセキュリティ戦略立案コース
    令和2年3月3日(火曜日)から3月6日(金曜日)まで(4日間)

開催場所

独立行政法人情報処理推進機構(東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス)

受講料

各コース 15万円(税込)

申込締切

コースにより締め切りが異なりますので、詳細及び申込方法のリンク先にてご確認ください。

詳細及び申込方法

下記リンク先よりご確認ください。

担当課

地域経済部 地域経済課 情報政策室