四国経済産業局


  1. ホーム
  2. お知らせ イベント情報
  3. ビジネスにおける国際紛争の解決に関するオンラインシンポジウム・セミナーが開催されます

ビジネスにおける国際紛争の解決に関するオンラインシンポジウム・セミナーが開催されます

令和3年5月12日

その他のカテゴリー

日本商事仲裁協会ウエブサイトにおいて、オンライン・シンポジウム、セミナーの開催の案内をしておりますので、ご紹介いたします。

シンポジウム・セミナー概要

「仲裁地としての日本の魅力–日本を仲裁地とする国際仲裁の拡大のために–」

日系企業や外国企業の事業拠点、そして東南アジア地域の統括業務を行う事業所が多く、それら企業をサポートする法律関係者の層も厚いシンガポールを主な対象国として、日本の仲裁地としての魅力をPRする、オンライン・シンポジウムを開催します。

国内においてシンガポール等東南アジアとの取引に関心のある企業の皆様のご参加をお待ちしております。

内容
  • 国際仲裁活性化に向けた日本政府の取組み
  • 仲裁地としての日本の魅力
  • JCAAの仲裁
  • パネル・ディスカッション など
日時
令和3年5月31日(月曜日)14時から15時30分まで
開催方法
オンライン(Zoomを使用)
参加費
無料(通信料は各自ご負担ください)
詳細・お申込み
以下のウェブサイトで確認ください。

「国際紛争解決セミナー応用編『国際仲裁の実践的活用法-仲裁実例に基づいた戦略・戦術・注意点』」

本セミナーでは、契約交渉、ドラフティングに始まり、仲裁申立て以降各段階での手続等において必要となる戦略、戦術や注意すべき点について、実例に基づきながら詳細に解説します。

日時
令和3年5月28日(金曜日)14時から15時30分まで
開催方法
オンライン(Zoomを使用)
参加費
無料(通信料は各自ご負担ください)
詳細・お申込み先
以下のウェブサイトで確認ください。

「国際紛争解決セミナー『国際商事調停の基礎と実践』」

本セミナーでは、裁判や仲裁等の他の紛争解決制度と比較した場合の長所と短所、どのような紛争の解決に適しているのか、調停を世界で最も活用していると思われる米国では調停がどのように利用されているのか、調停を成功させる調停人のスキルについて紹介します。

日時
令和3年6月10日(木曜日)14時から15時30分まで
開催方法
オンライン(Zoomを使用)
参加費
無料(通信料は各自ご負担ください)
詳細・お申込み先
以下のウェブサイトで確認ください。

「国際紛争解決セミナー『ケーススタディで学ぶ国際紛争・国際仲裁の基礎と実務~M&A、製品供給契約(製品瑕疵)、建設契約事案を題材に~』」

本セミナーでは、国際的なM&A紛争、製品瑕疵の紛争、建築紛争の具体的な3事例を取り上げて、紛争解決手段として仲裁を選択した場合、どのように手続きが進むのか、またどのようなポイントに留意が必要になるかなど、国際紛争・国際仲裁の基礎と実務についてわかりやすく解説します。

日時
令和3年6月15日(火曜日)14時から15時30分まで
開催方法
オンライン(Zoomを使用)
参加費
無料(通信料は各自ご負担ください)
詳細・お申込み先
以下のウェブサイトで確認ください。

お問い合わせ先

それぞれのシンポジウム・セミナーへの参加お申し込みに関するお問い合わせは、いずれも以下事務局までご連絡をお願いいたします。

担当
日本商事仲裁協会 広報部 西村
電話
03-5280-5181
E-MAIL
nishimura@jcaa.or.jp

日本商事仲裁協会とは

国際取引では、物品売買の代金未払いや製品欠陥、継続的売買契約の更新拒絶・契約解除、製品供給義務違反、ライセンス料未払い、競業避止義務違反、その他にも秘密保持、資産・事業譲渡関係など様々なリスクがあり得ます。

このようなリスクに対応するためのポイントは、1.紛争可能性を念頭に置き、あらかじめ契約書に仲裁条項を記載すること、2.紛争が発生したら迅速に紛争処理機関に相談することです。

日本商事仲裁協会は、このような紛争解決業務を担うため日本商工会議所、経済団体連合会等により設立された団体で、商事紛争に関する仲裁・調停・斡旋や国際取引に関する相談及び情報提供等の事業を行っています。また、ADR法(裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律)に基づく法務大臣の認証団体、弁理士法に基づく経済産業大臣の指定団体にもなっています。

担当課

産業部 産業振興課