四国経済産業局


  1. ホーム
  2. 契約締結状況
  3. 契約締結状況 随意契約 委託契約 平成27年度5月

契約締結状況 随意契約 委託契約 平成27年度5月

物品役務等の名称及び数量 契約担当官等の氏名並びにその所属する部局の名称及び所在地 契約を締結した日 契約の相手方の商号又は名称 契約の相手方の住所 随意契約によることとした会計法令の根拠条文及び理由(企画競争又は公募) 予定価格(円) 契約金額(円) 落札率(%) 再就職の役員の数(人) 備考 公益法人の場合
公益法人の区分 国所管、都道府県所管の区分 応札・応募者数
平成27年度革新的ものづくり産業創出連携促進事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)(均一糖鎖糖タンパク質製造用の酵素とシアリル糖鎖誘導体の大量生産方法の開発) 四国経済産業局支出負担行為担当官四国経済産業局総務企画部長黒川陽一郎 2015年05月19日 公益財団法人かがわ産業支援財団 高松市林町2217-15 本事業は、複数年度に亘る事業の継続を通じて単一の成果を求める必要があり、毎年度の成果を通じて翌年度以降の成果の要件定義を見直すことが不可欠なため、平成25年度から3年間継続した事業の実施が必要となる。以上のことから、本年度においても、会計法第29条の3第4項の随意契約を行うこととする。 22,482,360 22,482,360 100.00 - 該当 所管以外(地方自治体)
平成27年度革新的ものづくり産業創出連携促進事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)(超音波を用いた自動車用マフラー等気密容器漏れ検査装置の開発) 四国経済産業局支出負担行為担当官四国経済産業局総務企画部長黒川陽一郎 2015年05月19日 一般財団法人四国産業・技術振興センター 香川県高松市丸の内2番5号 本事業は、複数年度に亘る事業の継続を通じて単一の成果を求める必要があり、毎年度の成果を通じて翌年度以降の成果の要件定義を見直すことが不可欠なため、平成25年度から3年間継続した事業の実施が必要となる。以上のことから、本年度においても、会計法第29条の3第4項の随意契約を行うこととする。 11,480,400 11,480,400 100.00 - 非該当

担当課

総務企画部 会計課