四国経済産業局


  1. ホーム
  2. 施策別ページ(一覧)
  3. IT・情報化
  4. 「攻めのIT経営中小企業百選」に四国地域から2社が選定されました

「攻めのIT経営中小企業百選」に四国地域から2社が選定されました

経済産業省では、平成26年度から攻めの分野でのIT利活用に焦点を当てた「攻めのIT経営中小企業百選」を実施しています。

第3回目として、ITの効果的な活用に積極的に取り組み成果を上げている中小企業40社が選定され、このうち、四国地域から阿波スピンドル株式会社及び株式会社北四国グラビア印刷の2社が選定されました。

攻めのIT経営中小企業百選の概要

攻めのIT経営中小企業百選 ロゴ

近年のITの高度化によって、その活用が企業の経営革新にとって有益な役割を果たすことが期待されている中で、我が国企業のITの活用の仕方も大きく変化が求められています。具体的には、我が国企業のIT投資は社内の業務効率化・コスト削減を中心とした「守り」に主眼が置かれているのに対して、外国企業においては、ITの活用による企業の製品・サービス開発強化やITを活用したビジネスモデル変革を通じて、新たな価値の創出やそれを通じた競争力の強化を目指す、いわゆる「攻めのIT投資」を積極的に行っており、今後我が国企業においても「攻めのIT投資・利活用」をさらに進めていく必要があります。

経済産業省では平成26年度より、攻めの分野でのITの効果的な活用に積極的に取り組み、成果を上げている中小企業をベストプラクティスとして選定する「攻めのIT経営中小企業百選」を開始しました。

平成29年度は第3回目として、40社を「攻めのIT経営中小企業百選」として選定し、表彰を行いました。

四国地域の選定企業

阿波スピンドル株式会社(徳島県吉野川市)(法人番号4480001004428)
強みを活かすための経営戦略策定と、実践のためのプロセスと情報システム構築
株式会社北四国グラビア印刷(香川県観音寺市)(法人番号8470001009878)
地域をまたぐ製造工程支援と食品の安全を担保するトレーサビリティ機能を実現するIT活用

各企業の取組内容の詳細は、以下の資料をご覧ください。

「攻めのIT経営中小企業百選2017」受賞企業

参考

詳細は以下のウェブページを参照ください。

担当課

地域経済部 製造産業・情報政策課

最終更新日:令和2年12月7日