四国経済産業局


  1. ホーム
  2. 施策別ページ(一覧)
  3. 新事業促進
  4. 中小企業地域資源活用プログラム

中小企業地域資源活用プログラム

中小企業地域資源活用プログラムとは

地域産業資源活用促進法は、地域の強みである地域産業資源を活用して新商品・新役務の開発等(地域産業資源活用事業)に取り組む中小企業を支援するものです。

具体的には、中小企業者が行う「地域産業資源活用事業」や一般社団法人等が行う「地域産業資源活用支援事業」の事業計画の認定制度を設け、国の認定を受けることによって、各種の支援措置が受けられることとなっています。また、地域産業資源を活用した事業活動の促進により地域経済の活性化を図るため、「ふるさと名物応援宣言」等の市町村が積極的に関与する仕組みを整備しています。

国の基本方針

地域産業資源

都道府県は、地域における中小企業者の事業活動を促進し、地域産業の強化や新たな地域産業の創出の核となり得るものとして その活用を促進する意義を有すると考えられる地域産業資源を特定するとともに、当該地域産業資源を活用した地域産業資源活用事業として 中小企業者が商品の生産又は役務の提供が行うことが想定される地域を併せて設定し、その内容を定めます。

徳島県
中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の支援について(徳島県ウェブサイト)別窓で開く(平成31年3月29日)
香川県
地域産業資源の内容の指定(香川県ウェブサイト)別窓で開く(平成30年7月12日)
愛媛県
地域産業資源の内容の指定について(愛媛県ウェブサイト)別窓で開く(平成31年1月8日)
高知県
中小企業地域資源活用促進法における基本構想の変更について(高知県ウェブサイト)別窓で開く(平成30年2月28日)

担当課

産業部 中小企業課 新事業促進室

最終更新日:令和元年6月7日