四国経済産業局


  1. ホーム
  2. 統計
  3. 四国地域の百貨店・スーパー販売状況(旧大型小売店販売状況)一覧
  4. 令和4年2月分 四国地域の百貨店・スーパー販売状況(速報)

令和4年2月分 四国地域の百貨店・スーパー販売状況(速報)

全店ベースでほぼ横ばい

公表 令和4年4月13日

その他のカテゴリー
本資料において▲(黒三角記号)はマイナス、+(足す記号)はプラスを表します。

概要

四国地域の百貨店・スーパー全店(258店)の販売額合計は394.5億円で、前年同月比▲0.0パーセントと2カ月ぶりに前年を下回った。

品目別にみると、「衣料品」が4カ月ぶりに、「身の回り品」が2カ月ぶりに前年を下回り、「飲食料品」が5カ月連続で前年を上回った。

なお、既存店ベースでは、同▲0.9パーセントと2カ月ぶりに前年を下回った。

販売額及び前年同月比増減率

四国地域の百貨店・スーパー販売状況(速報) 百貨店・スーパー販売額及び前年同月比増減率
項目 合計 百貨店 スーパー
販売額
(億円)
前年同月比
(パーセント)
既存店 前年同月比
(パーセント)
販売額
(億円)
前年同月比
(パーセント)
販売額
(億円)
前年同月比
(パーセント)
四国394.5▲0.0▲0.942.7▲9.4351.81.3
全国15,0380.50.13,516▲1.811,5221.2
  1. 販売額及び前年同月比は、新規店舗を含む全店舗での数値である。
  2. 「既存店」とは調査月において当月と前年同月でともに継続して存在する店舗をいう。

業態別の販売状況

百貨店

全店(4店)の販売額は42.7億円で、前年同月比▲9.4パーセントと5カ月ぶりに前年を下回った。

品目別にみると、新型コロナ感染拡大の影響や、一部店舗の改装で売場面積が減少したことなどにより入店客数が減少する中、「衣料品」が、気温低下に伴い一部でコートやブルゾンなどの重衣料に動きがみられたものの、婦人衣料、紳士衣料ともに不振だったことなどから5カ月ぶりに、「飲食料品」が、バレンタイン関係のイベントが振わなかったことなどから、「身の回り品」が、引き続き高級インポートブランドバッグは堅調だったものの、それ以外の売上が大きく落ち込んだことなどから、それぞれ2カ月ぶりに前年を下回った。

スーパー

全店(254店)の販売額は351.8億円で、前年同月比+1.3パーセントと2カ月連続で前年を上回った。

品目別にみると、「飲食料品」が、引き続き内食傾向であったことに加えて、恵方巻などの季節商品が好調だったことなどから5カ月連続で前年を上回った。一方、新型コロナ感染拡大の影響で入店客数が減少する中、「衣料品」が、スポーツウエア、外出着などの動きが鈍かったことなどから4カ月ぶりに、「身の回り品」が、かばん、靴などが低調だったほか、エコバッグに前年のレジ袋有料化に伴う需要増の反動減がみられたことなどから9カ月連続で前年を下回った。

四国地域業態別・品目別前年同月比増減率

項目 百貨店・スーパー合計(パーセント) 百貨店(パーセント) スーパー(パーセント)
合計 合計(既存店)
合計▲0.0▲0.9▲9.41.3
衣料品▲14.5▲14.6▲21.4▲9.3
身の回り品▲11.6▲11.6▲4.2▲27.8
飲食料品4.33.2▲10.14.9
家具▲12.1▲12.1▲11.5▲12.3
家庭用電気機械器具▲12.3▲12.4▲39.4▲12.0
家庭用品▲62.6▲62.8▲19.9▲65.7
その他の商品13.813.1▲0.220.5
食堂・喫茶▲21.1▲21.1▲21.1-

県別の販売状況

徳島県

徳島県の全店(44店)の販売額は、65.6億円で、前年同月比+2.7パーセントと5カ月連続で前年を上回った。品目別にみると、「飲食料品」が前年を上回り、「衣料品」、「身の回り品」などが前年を下回った。

なお、既存店ベースでは、同▲1.2パーセントと4カ月連続で前年を下回った。

香川県

香川県の全店(84店)の販売額は、129.0億円で、前年同月比+0.7パーセントと2カ月連続で前年を上回った。品目別にみると、「飲食料品」などが前年を上回り、「衣料品」、「身の回り品」などが前年を下回った。

なお、既存店ベースでは、同+0.7パーセントと2カ月連続で前年を上回った。

愛媛県

愛媛県の全店(99店)の販売額は、147.6億円で、前年同月比▲0.9パーセントと5カ月ぶりに前年を下回った。品目別にみると、「衣料品」、「身の回り品」などが前年を下回り、「飲食料品」が前年を上回った。

なお、既存店ベースでは、同▲1.6パーセントと2カ月ぶりに前年を下回った。

高知県

高知県の全店(31店)の販売額は、52.3億円で、前年同月比▲2.4パーセントと3カ月ぶりに前年を下回った。品目別にみると、「衣料品」、「身の回り品」などが前年を下回り、「飲食料品」が前年を上回った。

なお、既存店ベースでは、同▲2.4パーセントと3カ月ぶりに前年を下回った。

県別販売額及び前年同月比増減率

項目 販売額
(億円)
前年同月比
(パーセント)
既存店前年同月比
(パーセント)
徳島県65.62.7▲1.2
香川県129.00.70.7
愛媛県147.6▲0.9▲1.6
高知県52.3▲2.4▲2.4

詳細

詳細は次の資料を参照してください。

担当課

総務企画部 企画調査課