四国経済産業局


  1. ホーム
  2. 採用・インターンシップ情報
  3. 四国経済産業局を知る

四国経済産業局を知る

四国経済産業局の役割と組織

四国経済産業局ロゴ
四国経済産業局

経済産業省(けいざいさんぎょうしょう、英: Ministry of Economy, Trade and Industry、略称: METI)は、日本の行政機関です。「民間の経済活力の向上および対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済および産業の発展ならびに鉱物資源およびエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ること」を目的としています。

分かりやすく言い換えると、日本をもっと豊かな国にするために企業を支えたり、国と国との貿易を盛んにしたり、資源やエネルギーを確保したり、様々な関わり方で多くの重要な任務を負っています。

そして、四国経済産業局(しこくけいざいさんぎょうきょく、英: Shikoku Bureau of Economy, Trade and Industry)は、全国9箇所に設置されている経済産業省のブロック機関として、 四国4県(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)を管轄しています。

当局は、経済産業省(本省)、地方公共団体、経済団体等の関係機関と密接な連携を取りながら、激動する内外経済情勢と多様化する行政ニーズに的確に対応するとともに、地域経済の好循環の実現を目指して、成長産業の育成や中小企業支援、新規創業の促進、技術開発支援、海外展開支援、地域資源の活用といった産業振興から、消費者行政や資源エネルギー分野など安全・安心な社会の構築に至るまで、広範な経済産業政策を積極的に展開する総合経済政策官庁です。

四国経済産業局の組織や職務分掌は、次のリンク先を参照してください。

採用担当課長からのメッセージ

採用担当課長
皆様の御来訪を心よりお待ちしています

このページをご覧頂いているということは、多少なりとも、四国経済産業局に興味を持って頂いている方であるかと思います。

当局は、四国地域を管轄する経済産業省の組織です。決して大きな組織ではありませんが、職員の一人ひとりが、地域経済が抱える様々な課題に取り組んでいます。

地域における新たなビジネスや技術の創出、中小企業の事業承継や再構築、カーボンニュートラルの実現に向けた取り組み等、その内容は多岐にわたりますが、どれもが、地域のあり方や目指すべき将来像について真剣に考えることができる仕事です。

皆様が、数ある職業の中で公務員を目指され、多くの官庁の中で当局に興味を持たれたのは、なぜでしょうか。

もし、四国地域の経済や産業のための仕事をしてみたいとお考えであれば、是非、当局職員の声を聞いてみてください。取り組んでみたいと思える仕事が、きっとあるはずです。

皆様の御来訪を心よりお待ちしています。

総務課長 太田成人

紹介動画「当局を初めてお知りになった皆様へ」

動画サムネイル1
当局を初めてお知りになった皆様へ
※別ウインドウで動画が再生されます

国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)受験予定者や学生の皆さんで、初めて四国経済産業局のことをお知りになった方へ、当局の採用パンフレットの内容を補足する形で、当局の基本の部分をご紹介させて頂く動画です。

動画配信は約10分の内容です。

(令和2年7月1日作成)

職員採用案内情報誌「ヒトオコシ」

「ヒトオコシ」 サムネイル
職員採用案内情報誌「ヒトオコシ」
※別ウインドウで開きます

四国経済産業局が行っている支援や取り組みの具体例、アクションプランなどの内容をまとめた小冊子です。

これらはまだ具体例の一部ですが、四国がより魅力的な地域になるために支援施策に取り組んでいます。

内容に少しでも興味を持ったかたは、ぜひ一度当局へいらしてみてください。ありのままの姿を見て頂けるように、精一杯ご案内したいと思います。

(令和3年7月更新)

担当課

総務企画部 総務課(人事係)