四国経済産業局

  1. ホーム
  2. 施策別ページ(一覧)
  3. 電気・ガス事業
  4. 自家用発電所運転半期報の提出について

自家用発電所運転半期報の提出について

自家用発電所運転半期報の提出について

最大出力が1,000キロワット(注1)以上かつ電線路に接続する発電用又は蓄電用の自家用電気工作物を設置する者は、電気関係報告規則第2条の規定に基づき、定期報告義務が生じます。但し、発電事業者(注2)が有する「発電事業の用に供する発電用の電気工作物」(発電所や蓄電所)は除きます。

(注1)発電所や蓄電所の出力については、単機出力ではなく所内合計の出力となります。例えば、1号機400キロワット、2号機600キロワット、計1,000キロワットの場合は報告対象です。

(注2)次の1から3の要件を満たす発電等用電気工作物(以下、「特定発電等用電気工作物」という。)における小売電気事業、一般送配電事業、配電事業又は特定送配電事業(以下「小売電気事業等」という。)の用に供するための接続最大電力(以下「小売電気事業用等接続最大電力」という。)の合計が1万キロワットを超えるものをいう。

  1. 出力が 1,000キロワット以上であること
  2. 出力の値(キロワット)に占める、小売電気事業用等接続最大電力の値の割合が50パーセントを超えること(出力が10万キロワットを超える場合は10パーセントを超えること)
  3. 1年間で発電し、又は放電する電気の量(kWh)に占める、小売電気事業等の用に供する電気の量が50パーセントを超えると見込まれること(出力が10万キロワットを超える場合は10パーセントを超えること)

様式について

次のいずれかのファイルをダウンロードし、ご記入ください。

発電所については第1表を、蓄電所については第2表を使用してください。
発電設備に附属する蓄電池は報告対象外です。
報告対象や記載方法等第2表に関するお問合せは資源エネルギー庁 電力産業・市場室(03-3501-1748)までご連絡ください。

記載要項は、次の通りです。

報告(提出)期限

上期分 4月から9月までの発電分を、10月末日までに提出   
下期分 10月から3月までの発電分を、4月末日までに提出

提出方法・提出先・連絡先

提出方法

設置場所を所管する経済産業局(四国管内の発電所については、四国経済産業局)あてに、ご提出ください。
原則、以下のE-MAIL宛に提出様式に入力したエクセルファイル又はPDFファイルを添付の上、ご提出ください。難しい場合は、郵送にてご提出ください

提出先・連絡先

〒760-8512 高松市サンポート3-33 高松サンポート合同庁舎北館5階
四国経済産業局 資源エネルギー環境部 資源エネルギー環境課 電力・ガス事業担当

電話
087-811-8532
E-MAIL
bzl-shikoku-energy@meti.go.jp

最終更新日:令和5年9月28日