四国びとホーム > すべての記事をみる > 小豆島らしさで

小豆島らしさで "もてなす"

真渡康之さん 島宿 真里 https://www.mari.co.jp

 瀬戸内海に浮かぶ島、小豆島に醤油蔵が立ち並ぶ地域があり、醤油の香りが漂う通りを抜けると、そこには一軒の宿があります。「小豆島らしさ」を大切にしながら多くの人をもてなしている島宿 真里の店主、真渡康之さんにお話をうかがってきました。

-とても落ち着いた雰囲気の素敵な旅館ですね。 真渡さん ―ありがとうございます。この建物と離れの建物が国の登録有形文化財になっていて、古いものをいかしながらつくっています。母親の里のほうにあった梁や建具をつかったり、醤油蔵を解体するときにでた古材を頂いて使ったりしています。囲炉裏の椅子とか机も全部同じように、使える部材を頂いて高松で加工して様々な場所に使っています。もったいない精神でいきましょうと。
-もともとはお母様がやられていた民宿がはじまりと聞いていますが。 真渡さん ―はい、民宿をやってました。僕は2歳の時に父親を亡くしてまして、母親が食べていくために宿をはじめました。周りにお客さんがいる環境で育って、高校を卒業して縁あって調理師の修行をしました。その後、26歳で小豆島に帰ってきました。
 身内からは「いつどうなってもいいように母親の近くにおれ」といわれて。それから20年以上も母親は元気ですけどね。修行を終えて、「これでいける」っていう気持ちはありました。26歳で帰ってきて、当時は母親1人だし宿はボロボロ。
 実の姉にも「大きいことはやめてくれ。この島で宿屋では食べられんのやから、飲食店のこんまいので我慢してくれ」と言われて、そこから始めました。
-最初は、仕出し屋だったんですね。 真渡さん ―そうです。仕出し屋が一番お金がかからんかったんです。調理場も場所つくればいいし、ものを入れて運べば他になにもいらないので。その時にお世話になった方々に相談して、「一番リスクが少ないし、最初から大きいことはせんほうがいい、自分の思っとるほど実力はついてないんやから、そこを見極めながらやりよるほうがいい」って言われて、4年間、弁当・仕出しをやりました。 -その時は調理や販売もやられていたのですか。忙しかったのではないですか? 真渡さん ―何から何までですね。全部やって、3年目に個人から法人に変えて、4年目に地元の方の歓送迎会とか忘年会といった宴会場をつくりました。これにさらに宿泊が加わると、12月は毎日忘年会、8月は毎日宿泊。それ以外の2・3・4月とかは歓送迎会や還暦の祝いやったり、週末は宿泊やったり。一番大変な頃やったと思います。今の何倍かは仕事しとったと思うくらい、現場の厨房でやってましたからね。今は厨房は職人が3人おりますからあまり入ってないんですけど。その頃は、そういう状態でしたね。最終的には宿がやりたかったので。 -料理人の修行をして戻ってくる時も、いずれは宿をやりたいという気持ちだったのですか? 真渡さん ―できればという感じですね。帰ったばっかりの時に、10室の簡単なラフ図面と見積りをしてもらったら、当時3億って言われたんですよ。夢のような金額ですよね。当時からいったら、仕出ししながら何百円のものをつくって何千円利益がでたらすごいっていうくらいなのに、3億って桁のわからんような数字を言われて。これはできるかできんかわからんけど、1歩1歩、弁当屋から仕出し、仕出しから宴会、宴会から宿と少しずつステップアップして、今に至ります。
-少しづつでも着実に歩んで、今に至るのですね。宿で出されている料理は、小豆島のものを使っているのですか? 真渡さん ―小豆島にいるので、できる限り地のものを使うようにしてます。「綺麗」「美味しい」は東京にいたら何でもあるので、ここにしかないものを出したい。ましてや鮮度については、都会では勝てん鮮度をもってなかったらいけないので、その方法としてどういったスタイルができるかを模索しています。
 醤油蔵の集まる醤の郷(ひしおのさと)にある島宿というのは、物語になりやすい。醤油の香りがして、そこを通り抜けると小さな宿があって、そこでは醤油にこだわったお料理でもてなしてくれる、という流れはここでしかできないことだと思っています。島の醤油屋さんがなかったら、うちはなりたたないんです。 -島宿 真里で働くスタッフは小豆島の外から来る方も多いのですか。 真渡さん ―島外・島内、どちらもおります。感覚が小豆島の子と小豆島以外の子だと違いますね。何が綺麗やいう基準も違うんです。僕らは子供の頃から当たり前にみてきたものが、都会の子からしたら輝いて見えたり。逆もありますよね。僕らが東京に行くと、目新しいものばかりで魅力的に映るのと一緒で。お客さんの側からするとそのどっちもが大事になってくる。島育ちの子が真里で働くことと、都会育ちの子が真里で働くこと、どちらも大事だと思います。
 強い子だけでなく、その1歩手前、2歩手前くらいの子でも帰ってこられるよう、いろんな角度から小豆島の魅力をつくっていきたいと思うんです。
-今後、島宿 真里はどういった方向に進んでいきたいとお考えでしょうか。 真渡さん ―小豆島の馬木という隣の地区と、醤油蔵が残るこのあたりは100年前後の建築物でも非常にしっかりしたものが残っているんです。その建物が空き家になっているものが結構あって、その魅力をもう一度輝かせて、そこで喜んでもらえるものを生み出せないかなと考えています。ここでビジネスとして成り立つものであれば、瀬戸内海の他の島々でも可能じゃないかなと。女木島・男木島・直島・豊島、各島々の建築様式や特色はあるし空き家になってしまっている建物もたくさんあります。そういう風なスタイルが仮に成り立てば、島々を繋ぐこともできます。世界中から来たお客さんが高松港でチェックインして、島々に船で向かう。船で渡って部屋に行くというようなイメージであれば、ものすごく魅力的ですよね。単独だと無理なことが島どうしで連携・協力することで、よりお客さんが喜んでもらえるような方法があると思うんです。

 それから、お客さん同士で食事をする場所を共有してコミュニティをつくれないかと考えています。小豆島の地元のひとたちと、訪れた人たちのつながりがそこの場所でできると、計り知れない魅力がそこでつくれるんじゃないかと思うんです。一方で真里のほうは計れる魅力になっていくんですね。真里には、嫌いな人と一緒に来る人は誰もいなくて、一番来たい人と来るんです。真里での体験は、真里のもてなし以外の部分、つまりその人と過ごす時間はほぼ想定内のものなんですね。いまお話した新しいアイディアのほうは、その日にならないとわからんステージが毎日繰り広げられるわけです。建物は同じであっても、そこでの食事の時間の過ごし方とか、関わり方が日々かわっていく、そこに島の産業を入れていく。たとえば、醤油ソムリエの人がワークショップのようなものを開いてそこに興味のある方が集う。そこでは、オリーブであったり醤油であったりといった物語が地元の生産者を通して訪れた人たちと展開される。それはまだ仮の物語なんですけどね(笑)。
-常に前向きに目標を持ちながら進んでいらっしゃるのですね。 真渡さん -僕も真里を一緒に育ててきた人たちもだいたい50歳くらいの年代です。そんな私たちが13~15年くらい前に考えたのが、今の真里のスタイルです。次のステージは僕の意見を押すばっかりではうまいこといくとは思ってなくて、20代30代の若い人の意見を取り入れたいと考えています。若い方々にはどんな島宿が魅力的に映るの?というのをなげて意見をぶつけあいながら、今後の展開を楽しみながら、進めています。  
  -島で働きたいという若い人たちについてはどうお考えですか。 真渡さん -「これから帰ってくる子たちのためにがんばる」というのが15年~20年前で、次僕らはもう半世紀すぎたら次のゾーンにはいるから、「島の外にでた子達が、島の若い子たちを見て、こういう生活だったり、がんばっている人たちを目標にして、島に帰ってくるようにならないといかんよなぁ」と思っているんです。
 うちは宿泊業として10年になるんです。地元の人の多くは、両方は併用できないといってやめてしまいました。いろんな宿泊のスタイルをつくっていきながら、最終的には「人」ということになっていくんですよね。島の子に帰ってくる職業として選んでもらえるような企業になるのも僕らの使命。僕らがやるべきことのひとつとして考えています。人が育ちやすい環境にしていきたいなと思っています。

掲載日:2012年11月7日 取材者:S・Y