省エネ優良事例集2018 l 香南市役所

香南市役所 香南市役所

ESCO事業による省エネ促進効果
省エネ手法キーワード:ESCO事業 BEMS 高効率空調設備 インバータ化 照明のLED化 補助金制度活用
  • 業種
    地方公共団体
  • 従業員
    416名
  • 建物区分
    事務所等
  • 活用した補助金等

企業概要

香南市では、平成29年度よりまちづくりの指針となる「第二次香南市振興計画」を進めており、まちの将来像として「水・緑・風が輝く 豊かな暮らしと産業で飛躍するまち“香南市”」の実現に向けて取り組んでいます。香南市の最大の魅力は豊かな自然環境。その景観を守りながら、自然環境の再生と創出、質の向上に努めています。

香南市役所

省エネ推進の「きっかけ」について

市内にある「のいちふれあいセンター」、「野市図書館」、「香南市消防署」、「香我美総合保健福祉センター」の4つの施設が、経年劣化による設備更新の時期となっていました。更新にあたって、エネルギー診断にもとづく省エネ化の提案を受け、初期投資の抑えることのできるESCO事業を導入しました。

香南市役所

「ESCO事業」について

ESCO事業とは、ESCO事業者による提供サービスで、省エネルギー改修にかかる費用を光熱水費の削減分で賄う事業です。
香南市では、ESCO事業を進めるにあたり、全国的に少ないネットワーク化モデルとして、4施設をつなぐBEMSを導入することで、エネルギー管理の一元化が可能になりました。
ESCO事業について1
ESCO事業について2

主な省エネルギー活動内容について

「のいちふれあいセンター」では、老朽化が進んでいた空調設備であるビル用マルチエアコン、パッケージエアコン、ルームエアコンを更新。また、熱源設備の吸収式温水機と冷却塔を最新の設備にしました。ほかの3施設も同様に、空調設備の更新や冷温水ポンプのインバータ化、LED化を行い、設備更新による省エネ化を実現しました。
BEMSにより、空調や照明などを遠隔管理し、電力使用量の見える化と効率化を図ったことで、職員一人ひとりの省エネに対する意識向上にもつながりました。
主な省エネルギー活動内容について1
屋上写真

省エネ効果について

1日単位で確認できる電気使用量の見える化、電力使用量の効率化などを図ることによって、猛暑となった平成30年度上半期も消費電力量を削減できており、1年間トータルでも削減できる見込みです。
省エネ効果について1
省エネ効果について2

今回活用した補助金等情報

ESCO事業

  • 対象施設
    産業部門 …… 工場施設など
    業務部門 …… オフィスビル・庁舎・ホテル・病院・一般商業ビル・学校群、研究機関など
  • 対象経費
    省エネルギー改修にかかる全ての経費
  • 事業費
    217百万円
  • 補助金の活用
    121百万円(地方公共団体カーボン・マネジメント強化事業(平成29年度))
  • 契約方式
    ギャランティード・セイビングス契約

今後の課題と展望について

ESCO事業を活用することによって、大きな省エネ化を図ることができました。現在は、新庁舎の建設中です。環境にやさしい庁舎として、自然エネルギー技術を積極的に導入し、消費エネルギーの削減を目指していきます。今後も、香南市のグランドデザインにおいても、省エネルギー化を推進していきます。

会社概要

ポイント!